【特別セミナー】熊本地震から学ぶ「これからの木構造と耐震性能の見える化」

セミナー
※ご好評につき満席となりました。
キャンセル待ちをご希望の方は、お電話(029-850-3331)にてご連絡いただきますようお願い致します。


ホームズ君すまいの安心フォーラムでは、木造建築の耐震性・構造設計法研究の第一人者である大橋好光先生と、国土技術政策総合研究所主任研究官の中川貴文氏を講師にお招きした特別セミナーを開催します。
(東京都市大学工学部建築学科大橋研究室・株式会社インテグラル 共催)

昨年2016年4月に発生した熊本地震の住宅被害と原因が明らかになりました。木造住宅設計者が地震による木造住宅の被害を軽減し無くすために、今後、どうあるべきかという疑問に対してご講演をいただきます。

木造住宅設計に関係するすべての技術者・実務者の皆様にぜひお聞きいただきたいご講演です。
皆様のご参加をお待ちしています。

※wallstatは、国土交通省国土技術政策総合研究所の中川貴文氏が開発した倒壊解析ソフトウェアです。振動台による実大実験や数値解析をもとに行われた地震時の木造住宅の挙動に関する知見を盛り込んだ木造軸組構法住宅の建物全体の大地震時の損傷状況や倒壊過程をシミュレートする数値解析プログラムです。

開催概要・お申込み  

日時 時間 地域 会場 定員 申込
2017年
2月28日(火)
13:00~16:30
(12:30開場)
東京

KFC Hall&Rooms 国際ファッションセンター 【10階】 Room101~103

(都営地下鉄大江戸線 両国駅 A1出口直結)
(JR中央・総武線 両国駅 東口より徒歩約6分)

160名
終了

  • 本セミナーは事前申し込み制・先着順の受付とさせていただきます。
  • 一企業より複数名でお申し込みいただいた場合には、人数調整を行わせていただく場合がございます。
  • 受講費

    無料
    ※お申込後、やむを得ずキャンセルされる場合には、セミナー担当(TEL :029-850-3331)までご連絡ください。

    講演内容

    第一部(90分)

     【特別講演】 設計者のための木構造再入門
  • なぜ熊本地震で2000年以降竣工の住宅も
       倒れたのか
  • 木造建築の目指すべき耐震性は
       「耐震等級5」
  • 各構造計算方法の違い
       (基準法仕様規定、耐震等級、許容応力度
       計算、限界耐力計算、保有水平耐力計算)
  • 大橋好光 氏 大橋好光 氏
    東京都市大学 工学部 建築学科 教授


    (一社)木を活かす建築推進協議会 代表理事。
    「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」(日本建築防災協会)木造住宅等耐震診断法委員会委員。
    主な研究テーマは木造建物の設計法、木造建築物の耐震診断。
    [著書]「木造住宅設計者のための構造再入門」(日経BP社)他。

    第二部(60分)

     【特別講演】 wallstatによる木造住宅の耐震性能の見える化
  • 熊本地震の強震記録を用いた
       時刻歴応答解析例
  • wallstatによる耐震シミュレーションで
       わかったこと
  • 巨大地震に有効な耐震強化策
  • 中川貴文 先生 中川貴文 氏
    国土交通省 国土技術政策総合研究所 主任研究官


    wallstat(木造軸組構法住宅を対象とする数値解析ソフトウェア)開発者。
    主な研究テーマは「地震時の木造建築物の倒壊解析手法の開発」など。
    [著書]日本建築学会:「木質構造接合部設計事例集」共著, 2012-10など。

    第三部 ホームズ君での構造(耐震)性能の評価方法の選び方(30分)

     ホームズ君「構造EX」wallstat連携についても、デモいたします。
    • インテグラル 営業企画部

    ホームズ君構造EX wallstat連携

    ※プログラムは予告なく内容を変更する場合がございます。

    お問合せ

    株式会社インテグラル 担当:野口・堀切
    TEL:029-850-3331 (受付時間:平日9時~18時)
    FAX:029-850-3334
    E-MAIL:info@integral.co.jp


    この他のセミナーに関しては「セミナー情報」をご覧ください。