「木造住宅の耐震診断」~精密診断法のすすめ~

セミナー

『日本の木造住宅をもっと強く!もっと暖かく!』したい。ホームズ君すまいの安心フォーラムは、「耐震診断」「許容応力度計算」「省エネ」「パッシブ設計」など月替わりのテーマで「ホームズ君よくわかる木構造セミナー」を東京・大阪で開催します。第4弾の2017年2月のテーマは「木造住宅の耐震診断」です。

2016年4月に発生した熊本地震の直後から、一般の方の住宅の耐震性への関心がますます高まってきています。「住み慣れた我が家の耐震性能に問題はないのか?」など、耐震診断の申込や相談が急増している地域も少なくないようです。

本セミナーでは、これらの要望に応えられるよう「国や各自治体の耐震化助成制度」「一般診断法と精密診断法の違い」「現地調査・耐震診断のポイント」「目標とする評点は何点?」など、これから耐震診断に取り組もうという方から、すでに取り組んでいらっしゃる方にも再入門・確認編としてお聞きいただきたい内容を幅広くご用意しています。
皆様のご参加をお待ちしています。

開催概要・お申込み  

日時 時間 地域 会場 定員 申込
2017年
2月10日(金)
13:00~16:00
(12:40開場)
大阪

大阪産業創造館 【5階】研修室AB

(地下鉄堺筋本町駅 徒歩約5分)

70名
2017年
2月21日(火)
13:00~16:00
(12:40開場)
東京

KFC Hall&Rooms 国際ファッションセンター 【2階】 KFC Hall 2nd

(都営地下鉄大江戸線 両国駅 A1出口直結)
(JR中央・総武線 両国駅 東口より徒歩約6分)

70名

  • 本セミナーは事前申し込み制・先着順の受付とさせていただきます。
  • 一企業より複数名でお申し込みいただいた場合には、人数調整を行わせていただく場合がございます。
  • 受講費

    無料(事前申し込み制・先着順)
    ※受講票はセミナー開催日の約2週間前を目安に、メールにてお送りします

    講演内容

    「木造住宅の耐震診断」

    • 熊本地震に学ぶ、被害の特徴と目指すべき耐震性
       - 平成28年熊本地震 現地調査報告
       - 耐震等級2で倒壊した住宅。その原因は?
       - 水平構面の剛性確保と耐力壁線の考え方
    • より厳密な診断法「精密診断法」のすすめ
       - 年代別評点の傾向
         旧耐震基準(~1981年以前)、
         新耐震基準(1981年~2000年)、新耐震基準(2000年以降)
       - 診断法別評点の傾向 一般診断法 vs 精密診断法1
       - よくわかる一般診断法、よくわかる精密診断法1
       - 補強有り vs 補強なし、実物大振動実験が教える耐震補強の有効性

    ソフト活用!「耐震診断Pro」で覚える耐震診断の実務とフロー

    • 「耐震診断Pro」で覚える耐震診断の実務とフロー
    • 見るべきところをおさえて素早く診断!現地調査のポイント
    • 最も厳密に評点を求めるには?一般診断法・精密診断法1の条件設定
    • 評点を上げるにはコツがあります!耐震補強設計のポイント
    • 耐震補強工事 概算費用の算出
    • 住宅の耐震化の最新動向
    ※プログラムは予告なく内容を変更する場合がございます。

    お問合せ

    株式会社インテグラル 担当:野口・堀切
    TEL:029-850-3331 (受付時間:平日9時~18時)
    FAX:029-850-3334
    E-MAIL:info@integral.co.jp


    この他のセミナーに関しては「セミナー情報」をご覧ください。