【前真之先生 特別講演】ホームズ君でつくる「エコハウス」セミナー

セミナー
2020年の省エネ基準の義務化、2030年にはZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を半数になど、国の施策も次々と進められていますが、いずれもベースとして躯体の外皮性能を基準より高い水準に引き上げることを求められています。ですが、これらをゴールとせず、さらに自然エネルギーである太陽の光や熱、風などの活用まで検討する「パッシブ設計」により実現できるのが本当の「エコハウス」です。

さて、「エコハウス」の実現に最も重要なこと、それは、窓の設計です。これを敷地条件をふまえながら意匠・構造・省エネの様々な観点から初期段階で検討することが近道です。そこで、こうしたことを実現するための便利機能として、ホームズ君シリーズに2つの新機能を追加します。新機能は東京大学前先生のアドバイスをもとに開発したものです。
1つは敷地条件をふまえた日当たりを検討できる『敷地ナビ』です。『敷地ナビ』を使えば、隣棟からどのぐらい離すのが日当たりがよいのかや各壁面で日当たりのよい位置がどこなのかひと目でわかります。
2つめは、初期段階から目標断熱レベルを意識できる『窓ナビ』です。『窓ナビ』ではCAD入力で開口を入力するたびにUA値の変化が表示されますので、1つ増やしたとき、サイズを大きくしたとき、熱損失にどの程度どのように影響するか手に取るようにわかるようになります。いずれも2016年7月バージョンアップで公開予定です。
既に発売中のパッシブ設計を支援するソフトとしてホームズ君『すまいのエコナビ』とあわせて、ご活用ください。

『エコハウスのウソ』 この新機能搭載のご紹介をかねて、「ホームズ君でつくる エコハウスセミナー」を開催いたします。
建築環境研究の第一人者である東京大学 前真之先生を特別講師にお迎えし、ご講演をいただきます。 日経アーキテクチュア掲載時から話題となった「エコハウスのウソ」(日経BP社発行)の著書である前先生が『エコハウスのホント』を熱く語ります。
「エコハウスのウソ」は、大幅改訂&増ページされた増補改訂版が2015年12月8日に出版されました。本セミナーでも、初版発行後に明らかになった新たな知見や、2020年の「省エネ基準義務化」などについてもくわしくお話していただきます。

断熱性能の先にある本当の「エコハウス」を目指す皆様にぜひお聴きいただきたい講演です。
ご参加をお待ちしております。

開催概要・お申込み  

日時 時間 地域 会場 定員 申込
2016年
6月20日(月)
13:30~16:30
(13:00開場)
東京

秋葉原コンベンションホール(秋葉原ダイビル)【5階】カンファレンスフロア5B

JR秋葉原駅 電気街口 徒歩1分

100名
終了

  • 本セミナーは事前申し込み制・先着順の受付とさせていただきます。
  • 一企業より複数名でお申し込みいただいた場合には、人数調整を行わせていただく場合がございます。
  • 受講費

    無料
    ※受講票はセミナー開催日の約2週間前を目安に、メールにてお送りします

    講演内容

    6/20 (月) 東京会場

    【特別講演】エコナビ活用!ホントのエコハウスをカタチにしよう

    前真之 先生    前真之 先生(東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻)

     2003年東京大学大学院博士課程修了。
     2008年東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 准教授就任。
     建築環境研究の第一人者。空調・通風・給湯・自然光利用など研究テーマは幅広い。
     「自立循環型住宅への設計ガイドライン」執筆主担当。
     日経アーキテクチュア掲載時から話題となった「エコハウスのウソ」
     (日経BP社、 増補改訂版2015年12月8日発行)を執筆。

    第二部:H28年省エネ基準とZEHをめぐる最新動向

    • 2016年4月、建築物省エネ法が施行されました。住宅の外皮計算の変更点は?
    • 平成28年度予算からみる省エネ・ZEH関連補助金施策 (経産省住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH支援事業・国交省地域型住宅グリーン化事業)
    • お施主様の6割弱は「ZEH」を気にしている。「ZEH」への対応に必要なことは?ZEH ビルダー登録はお済みですか?
    • 省エネ基準は最低断熱レベル。HEAT20のG1が標準になる!

    第三部:自然を100%活用する省エネ「エコハウス設計のすすめ」

     第三部では、基準の先の本当のエコハウスを設計していただくために欠かせないパッシブ設計とそれを支援するツール
     『ホームズ君省エネ診断』の新機能と『ホームズ君すまいのエコナビ』をご紹介します。

     ~ホームズ君シリーズ 新機能紹介~
      ※ホームズ君「構造EX」、ホームズ君「省エネ診断」でご利用いただけます。
    • 『敷地ナビ』: 入力された敷地条件(方位、形状、面積、そして、隣棟)で外周ラインがどの位置にあると、太陽エネルギーを十分に活用できるか、隣棟からどれだけ離せば日当たりがよいかなどのあたりをつけていただけるものです。日影計算、日照データをもとに軽快な計算時間で3D表示します。
    • 『窓ナビ』: 断熱外皮性能を決める際に最も重要なのは窓です。目標断熱レベルを選択すると、窓入力をするたびに瞬時にUA値を計算し表示します。窓の追加やサイズの変更をすると、建物全体としての断熱性能は良くなるのか悪くなるのか、また、どの程度影響するのかがゲーム感覚でわかる機能です。構造の設計段階でも確認いただけるようになります。

     ~ホームズ君『すまいのエコナビ』機能紹介~
     新発売した『ホームズ君すまいのエコナビ』の機能と、これを活用した実例による『省エネ基準を満たしただけの住宅』と
     『お施主様に本当に満足していただけるパッシブ住宅』の違いをご紹介いたします。

    • 省エネ基準で同等レベルと示されても、郊外と密集地ではこんなに違う日当たり。
    • 密集地で隣棟との距離がとりづらい敷地での設計。これらを考慮した日当たりとは?
    • 夏の暑さは夏至よりお盆がピーク?お盆前後の太陽のチェックを無視すると大変なことになる。
    • 西日の威力はどのぐらい?西側に配置されたキッチン。どのくらい暑いの?
    • 日当たりの特等席はどこ?日射取得の最適解を知り、窓を配置。


    『すまいのエコナビ』


    ※プログラムは予告なく内容を変更する場合がございます。

    お問合せ

    株式会社インテグラル 担当:上田・堀切
    TEL:029-850-3331 (受付時間:平日9時~18時)
    FAX:029-850-3334
    E-MAIL:info@integral.co.jp


    この他のセミナーに関しては「セミナー情報」をご覧ください。