既存木造住宅の耐震診断セミナー ~はじめよう!新耐震基準住宅の検証~

セミナー
今年、阪神・淡路大震災から20年を迎えました。
阪神・淡路大震災では、実に犠牲者の80%以上が住宅の倒壊が原因で亡くなっています。犠牲者をだした住宅の98%が旧耐震基準で建築されていたという調査結果もある中、木造住宅の耐震診断・耐震補強は喫緊の課題です。

また、その一方で、新耐震基準で建てられた住宅であれば、すべてその耐震性には問題がないのでしょうか。
本セミナーでは、弊社が独自に行った過去の地震被害現地調査結果等をベースに様々な角度・視点で、新耐震基準住宅を含む木造住宅の耐震性の検証を行います。

この機会をお見逃しなく、ぜひご参加ください。

開催概要・お申込み  

日時 時間 地域 会場 定員 申込
2015年
3月12日(木)
9:30~12:00
(9:15開場)
東京

東京都立産業貿易センター浜松町館 【M3階】第3・4会議室

(JR浜松町駅北口 徒歩5分)

80名
終了

受講費

無料
※本セミナーは事前申し込み制・先着順の受付とさせていただきます。
※受講票はセミナー開催日の約1週間前を目安に、メールでお送りします

講演内容

既存木造住宅の耐震診断セミナー ~はじめよう!新耐震基準住宅の検証~

  • 2014/11/22長野県神城断層地震現地調査報告
  • 建築基準法・耐震診断基準の変遷
  • 新耐震基準住宅の検証:特に1981年~2000年に建築されたもの

耐震診断ソフトの活用法!   株式会社インテグラル

  • 耐震診断や補強設計する際の注意点

耐震上の弱点「窓」の耐震補強方法   YKK AP株式会社

窓の使い勝手や採光、通風を妨げずに耐震性を向上させることができる
耐震補強フレーム「フレームプラス」のご紹介

主催・協賛

主催:株式会社インテグラル
協賛:YKK AP株式会社

お問合せ

株式会社インテグラル 担当:堀切
TEL:029-850-3331 FAX:029-850-3334
E-MAIL:info@integral.co.jp


また、この他のセミナーに関しては「セミナー開催のご案内」をご覧ください。