【稲山正弘教授 特別講演】 中大規模木造建築の構造設計手法

セミナー
平成22年「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」の施行により、国はこれまで以上に木材の利用を推進していくことを決めました。
木造率が低い(平成20年度7.5%床面積ベース)公共建築物を筆頭に、国が率先して木材利用に取り組み、地方公共団体や民間事業者にも国の方針に即して主体的な取り組みを促し、住宅など一般建築物への波及効果を含め、木材全体の需要を拡大することをねらいとしています。

そのために国交省が定めた「木造計画・設計基準及び同資料」では、許容応力度計算以上の計算が求められています。許容応力度計算の教科書である(公財)日本住宅・木材技術センター発行「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」の編纂に携わられた東京大学大学院 木質材料学研究室 稲山正弘教授をお迎えし、許容応力度計算を用いた設計手法やその有用性について講演していただきます。実用性・安全性・デザイン性などの中大規模木造の構造計画のポイントについて、「オガールプラザ」「岐阜県立森林文化アカデミー」「東京大学弥生講堂アネックス」などの実例をみながら解説していただきます。

補助金に依存しなくとも無理のないコストで実現するためにどうするか、防耐火・構造の検討等現行法規をいかにクリアするか、専門家が語るまたとない機会です。
また昨今、住宅でも許容応力度計算が注目を集めています。施主が望む高い耐震性と自由な意匠の両立や他社との差別化のためにぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。皆様のご参加をお待ちしております。

※本セミナーは事前申し込み制・先着順の受付とさせていただきます。
※一企業より複数名のお申し込みをいただいた場合には、人数調整をお願いする場合がございます。

開催概要・お申込み  

日時 時間 地域 会場 定員 申込
2014年
2月7日(金)
13:15~16:30
12:45開場
東京(秋葉原)

秋葉原コンベンションホール(秋葉原ダイビル)

【5階】カンファレンスフロア 5B(JR秋葉原駅 徒歩1分 )

130名
終了

受講費

すまいの安心フォーラム会員: 無料
上記以外の方       :1,000円
※受講費は当日、受付にてお支払いをお願いいたします。

講演内容

第一部 特別講演:「専門家が語る!木造建築の未来 スキルアップセミナー」

  •    稲山正弘教授 東京大学大学院 木質材料学研究室・ホルツストラ主宰
     
    •    「住宅用流通材を用いた中大規模木造の構造計画」  

第二部 はじめての許容応力度計算~許容応力度計算のススメ。構造力で差をつける!

  •    ・公共建築物木材利用促進法施行に伴う需要拡大の可能性
      •    ・2階建ての住宅でも許容応力度計算、耐震性能を1ランクアップさせる意義

        •    柳澤泰男 インテグラル代表取締役、一級建築士


第三部 ホームズ君「構造EX」を使った木造3階建ての設計とすまいの安心フォーラムのご紹介

  •    ・「ホームズ君 構造EX」のご紹介~ソフトを使った木造3階建て住宅の設計
  •    ・「ホームズ君 すまいの安心フォーラム」について

※プログラムは予告なく内容を変更する場合がございます。

お問合せ

株式会社インテグラル 担当:堀切
TEL:0120-9876-68 FAX:029-850-3334
E-MAIL:info@integral.co.jp


また、この他のセミナーに関しては「セミナー情報」をご覧ください。